Now Loading…

本日も休診

ニュース

2021.10.05

インタビュー花總まり編!



 明治座に出演させていただくのは初めてです。以前から大好きな劇場だったので、お話をいただいたときは嬉しかったですね。開演前にちょっと早めに入って、お食事をしたり、お土産を見たり、終演後もお茶をしたりと、劇場自体に楽しみがたくさんあって、私自身も楽しませていただいてきました。また、出し物も、いつもバラエティに富んでいますよね。今回も、1970年代の那須に生きる人々のエネルギーを届けたいというお話を最初に伺って、それだけで楽しい舞台になるだろうなと想像ができました。私自身も日本の良き時代に一生懸命生きていた人々のエネルギーを感じながら、演じていきたいと思います。

 これまでは、ミュージカルを中心に出演してきましたがストレートプレイの出演は少なく、日本人の役を演じるのは、いつ以来かわからないくらい久しぶり(笑)。自分にとってたくさんの刺激のある舞台になると思っています。そして、共演する諸先輩の方々との新しい出会いがとても新鮮な気持ちです。私にとっては未知なる世界が広がっているといいますか(笑)、きっと私の中に新しい引き出しができる貴重な時間になると思います。ですから、お稽古場からどんどん皆さんと接してお話して、柄本明さんをはじめとする俳優の皆さんや、演出のラサール石井さんから、いろんなことを勉強して、たくさんのことを吸収して。一期一会に値するようなこの時間を、大切に過ごしたいと思います。

 ビジュアル撮影では、柄本さんと銀婚式の記念撮影ふうの写真も撮りました。物語全体が出来上がるのはこれからなんですけど、舞台が想像できる楽しい撮影だったので、写真の出来上がりが楽しみになりましたし、改めて、いい夫婦を演じられたらなと思いましたね。原作はありますが、あまり先入観を持たず、あくまでも台本をもとに、皆さんとこの作品の世界観を作れたらいいなと思っています。
 楽しい作品になるのはもちろんのこと、人々のエネルギーに元気や夢をもらえたり、温かさや絆にほっこりさせてもらえたり、このご時世にこそ感じていただけたらいいなと思うようなことも、たくさん盛り込まれる作品になると思っています。ご観劇いただける皆さまには、ぜひ早めにご来場くださり、劇場を丸ごと楽しんでいただければと思っています。


ページトップへ